誤嚥性肺炎 | 東住吉区の歯科・歯医者|たなべ歯科クリニック

たなべ歯科クリニック

〒546-0032 大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

当院で全く初めて来院されるかたのみの予約です。ただし、検診・歯のクリーニングはweb予約ではおとりできません。必ず電話でのご予約をおねがいします。

お知らせINFOMATION

誤嚥性肺炎

こんにちは、東住吉区たなべ歯科クリニックです。

誤嚥性肺炎について更新します。

誤嚥性肺炎はどんな病気でしょうか?

ご高齢者の方に多い、誤嚥性肺炎。

食べ物や飲み物、あるいは唾液などを飲み込む働きを嚥下(えんげ)機能と言います。

健康な人であれば、嚥下すると口から食道を通って胃に入っていきます。

高齢者や神経疾患などで寝たきりの患者では口腔内の清潔が十分に保たれていないこともあり、

この嚥下機能が低下すると、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことがあり、これを誤嚥(ごえん)と言います。

誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患です。

また、栄養状態が不良であることや免疫機能の低下なども発症に関与してきます。

この誤嚥性肺炎は口腔ケアと深く関りがあります。

誤嚥を予防するために、行うこと

   ● 虫歯・歯周病の治療、予防し、口の中を清潔に保つ

 ●胃液の逆流を防ぐ

   ● 舌をきれいに保ち、口臭の改善

  ●  義歯の手入れ

 ●唾液の分泌を促す

●味覚の改善、ドライマウス※を防ぐ

※ドライマウスとは・・?

さまざまな原因により主に唾液の分泌量が少なくなり、口の中が乾燥状態となることです

歯磨きをはじめとした日頃の口腔ケアが重要になります。

お口は肺や胃腸の入り口です。

適度な湿度と温度が保たれているお口の中は細菌にとって、とても心地の良い場所なのです。

歯磨きやうがいをきちんと行う事で、この細菌の増殖を防ぐ事ができます。

ですので、歯磨きをしっかり行い、お口のなかの細菌を繁殖させないこと、そして肺へ運び入れないことが重要です。

ご心配な方は、一度、ご相談下さい

時計

Web予約はこちら

24時間受付中

矢印

〒546-0032
大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

診療時間
09:30〜13:00
15:00〜20:00

▲は14時〜17時。水曜日・日曜日・祝日は休診です。
■祝日のある週は水曜日も診療いたします。

06-6657-4618

web予約,初診のみ

24時間受付中