入れ歯について | 東住吉区の歯科・歯医者|たなべ歯科クリニック

たなべ歯科クリニック

〒546-0032 大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

当院で全く初めて来院されるかたのみの予約です。ただし、検診・歯のクリーニングはweb予約ではおとりできません。必ず電話でのご予約をおねがいします。

お知らせINFOMATION

入れ歯について

こんにちは、田辺駅 たなべ歯科クリニックです(^^)

入れ歯の治療の際に必ずご説明させて頂く事があります。

それは素材の違いと費用負担の違いです。

まず、入れ歯には保険適応で製作する入れ歯、自由診療で自分に合ったオリジナルの入れ歯があります。

オリジナルの入れ歯は金属を使う事が多いです。保険適応の場合はブラスチック性がほとんどです。

金属の入れ歯 プラスチック床との3つの違い

違い1 プラスチック入れ歯は保険適応で安価

ある程度は噛めます。精密度、快適性、審美製、耐久性には限界あり。

これは保険で認められている入れ歯の作製方法や使用材料がごく限られたものであるからです。

その代わりに保険の入れ歯は1個約1万円で新しく作れます。

違い2

 違和感が少ない

プラスチック床の入れ 歯は、強度を保つため、 厚く製作する必要があ ります。これが大きな 違和感の原因になることがあります。

金属床なら薄くて丈夫 な入れ歯が作れるので、 違和感も最小限にする ことが可能です。

違い3

しっかり噛める!

 プラスチック床は強く噛むとたわんでしまい ます。

さらに長期間の 使用により少しずつ変 形し、徐々に噛めなく なってきます。

金属床なら、たわみや 変形も少ないので、 しっかりと安定した噛 み心地になります。

違い4

熱が伝わる

上あごをおおう入れ歯の場合、プラス チック床では温かいものや冷たいもの を食べても熱を感じにくくなります。

たとえば、温かいお茶を飲んでも、上 あごはその温かさをあまり感じること ができません。

その点、金属床は熱の伝導にも優れて いるので、食べ物の温かさや冷たさを しっかり感じることができます。

入れ歯について、治療年齢や種類を詳しく罹れている記事はこちらです★

時計

Web予約はこちら

24時間受付中

矢印

〒546-0032
大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

診療時間
09:30〜13:00
15:00〜20:00

▲は14時〜17時。水曜日・日曜日・祝日は休診です。
■祝日のある週は水曜日も診療いたします。

06-6657-4618

web予約,初診のみ

24時間受付中