お子さんの歯肉炎について | 東住吉区の歯科・歯医者|たなべ歯科クリニック

たなべ歯科クリニック

〒546-0032 大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

当院で全く初めて来院されるかたのみの予約です。ただし、検診・歯のクリーニングはweb予約ではおとりできません。必ず電話でのご予約をおねがいします。

お知らせINFOMATION

お子さんの歯肉炎について

こんにちは、東住吉区たなべ歯科クリニックです。

子供の歯肉の状態の調査(平成11年歯科疾患実態調査)では、5~14歳の子供の19%に歯肉の炎症状態があり、約17%に歯石があったと報告されています。

思春期に歯肉が一時的にはれたり、少しの刺激で歯肉からの出血があったりする症状はほとんどの場合、思春期性歯肉炎と考えられます。

歯肉炎の主な原因は歯垢(細菌の塊)の蓄積ですが、思春期にはホルモンの分泌が増え、特に女性ホルモンは歯肉の炎症を助長したり、ある種の歯周病原因菌の増殖を助けたりするといわれ ています。

しかし思春期性歯肉炎は男子にも多くあるので、この時期に歯垢が蓄積する生活環境が問題となります。

思春期の子供はクラブや塾で忙しく、また、歯垢を形成しやすいファ ストフードや菓子類を食べる機会も多いようです。

昼間は口腔清掃をする機会も少なく、家庭での口腔清掃もこの時期には本人に任せられている事が多く専門的な指導を受けていないと、お口の衛生管理がおろそかになる傾向にあります。

思春期の歯肉炎は口腔の清潔が保たれ、必要であれば歯石を取れば、 ほとんどの場合問題なく健康な状態を回復します。

しかし、思春期の子 供でもまれに早期発症型歯周炎(侵襲型歯周炎)と呼ばれる、大人と同じように歯を支えている骨にまで炎症が影響しているようなケースがあります。

もし、この型の歯周炎であれば、出きるだけ早く専門的な治療を受ける必要があります。

時計

Web予約はこちら

24時間受付中

矢印

〒546-0032
大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

診療時間
09:30〜13:00
15:00〜20:00

▲は14時〜17時。水曜日・日曜日・祝日は休診です。
■祝日のある週は水曜日も診療いたします。

06-6657-4618

web予約,初診のみ

24時間受付中