歯科医師、歯科衛生士お勧め歯ブラシ | 東住吉区の歯科・歯医者|たなべ歯科クリニック

たなべ歯科クリニック

〒546-0032 大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

当院で全く初めて来院されるかたのみの予約です。ただし、検診・歯のクリーニングはweb予約ではおとりできません。必ず電話でのご予約をおねがいします。

お知らせINFOMATION

歯科医師、歯科衛生士お勧め歯ブラシ

こんにちは、東住吉区 たなべ歯科クリニックです。

皆さんは普段の歯磨きは、1本の歯磨きでされていますか??

歯ブラシを2本使う?少し疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。(^^;)

普段、皆さんがお使いの普通の歯ブラシでは磨けるのは全体の60%です。

つまり40%は磨き残しがあると言われています。

そこでぜひ使っていただきたいのが歯科医師、歯科衛生士が絶対にお勧めをする「ワンタフトブラシ」です。

予防歯科先進国のスウェーデンでは80歳でも平均で20本以上の歯が残っています。

一方の日本は80歳で残っている歯は16本程度です。

80歳でも20本の歯が残っているスウェーデンでは、歯磨きはまずワンタフトブラシを使い、次のような磨きにくい部分のプラーク(歯垢)を落としてから、通常の歯ブラシで磨くそうです。

こちらは、ハブラシ以外にデンタルフロスやデンタルリンスも使うのは当たり前だと思う、という統計グラフです。

日本では使用率の低いデンタルリンスやデンタルフロスの利用が、スウェーデンでは定着していることがわかります。

スウェーデンでは「ブラッシング以外にデンタルフロスやデンタルリンスも使うのは当たり前という考え方が多いです。

一方日本では、「ブラッシングだけで充分だと思う」「どちらかといえば充分だと思う」という人が半数近くいます。

タフトブラシをはじめ、デンタルリンスやフロスを上手に使いこなしてむし歯・歯周病予防をする事が、生涯大切な歯を残す秘訣です!

ワンタフトブラシで口臭も予防!

プラークはただの食べかすではなく、細菌の塊です。プラークの磨き残しがあると、この細菌が腐敗臭を発します。

これが口臭の原因です。

ワンタフトブラシで磨きにくいところもしっかりケアすれば、口臭の対策にもなります!

時計

Web予約はこちら

24時間受付中

矢印

〒546-0032
大阪府大阪市東住吉区東田辺1丁目1−10正光マンション1階

06-6657-4618

診療時間
09:30〜13:00
15:00〜20:00

▲は14時〜17時。水曜日・日曜日・祝日は休診です。
■祝日のある週は水曜日も診療いたします。

06-6657-4618

web予約,初診のみ

24時間受付中